【お知らせ】国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展

東京・六本木の国立新美術館にて「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展が、6月24日(水)から8月31日(月)まで開催されます。

この展覧会は、手塚治虫先生が亡くなった平成元年(1989年)から現在までの約25年間の作品群にスポットを当ててます。
数多くの作品を概観することで、デジタル技術やコミュニケーションツールの急速な発展・そして幾度かの震災などがどのように影響していったのかを感じることが出来る貴重な機会です。

映像・複製原画はもちろんのこと、ゲーム作品の一部は試遊台が設置され、非常に見応えのある展覧会となっています。

展覧会開催情報

<<本展覧会は終了しました>>

会 期 :2015年6月24日(水)〜 8月31日(月)
休館日 :毎週火曜日
開館時間:10:00 〜 18:00、金曜日は20:00まで
     (入場は閉館の30分前まで)
会 場 :国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
主 催 :国立新美術館
企 画 :メディア・アート国際化推進委員会
     (国立新美術館、兵庫県立美術館、CG-ARTS協会)
観覧料 :当日 1,000円(一般) 500円(大学生)
(税込) *高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳を
     ご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料。
     *団体券は国立新美術館でのみ販売(団体料金の適用は20名以上)。
     *チケット取扱場所:国立新美術館、ローソンチケット(Lコード:39553)、
     イープラス、オンラインチケット、tixee(発券不要のスマートフォンチケット)。
     ※手数料がかかる場合があります。
     *会期中に国立新美術館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、
     またはサントリー美術館および森美術館(あとろ割対象)で開催中の
     展覧会チケット(半券可)を提示された方は、団体料金が適用されます。
     *65歳以上の方(年齢がわかるものが必要)は、会期中に国立新美術館で開催中の
     公募展チケット(半券可)の提示で大学生団体料金が適用されます。

ホームページ:http://www.nact.jp/exhibition_special/2015/magj/

内覧会の様子

【活動報告】デジタルマンガ キャンパス・マッチ 2014

マンガを学ぶ学生たちと、数多くの出版社やマンガを取り巻く企業との出会いのきっかけ作りとなるべく新設させれたマンガ賞「デジタルマンガ キャンパス・マッチ 2014」が開催された。

dmcm-logo

当デジタルマンガ協会では五人のマンガ家が協力、応募作品の中から優れた作品の審査を行った。
また、開催に際しては多くの出版社・雑誌編集部や協賛社が集まり、それぞれのイメージに合う若きマンガ家とのマッチングも行われた。

公式サイト(2015年度作品募集中):
 http://www.digital-manga.jp

2014年11月23日 「第3回 海外マンガフェスタ」

スライドショーには JavaScript が必要です。

コミティア110の会場内にて「第3回 海外マンガフェスタ」が開催。このイベントのトークライブでは、「デジタルマンガ キャンパス・マッチ」大会実行委員長である中村伊知哉教授、”ちばてつや特別賞”のちばてつや先生、審査員長の里中満智子先生が登場し、海外におけるマンガ事情を語り合った。
また里中先生からは『海外への日本マンガ普及のきっかけのひとつとして、「デジタルマンガ キャンパス・マッチ」が役立ってほしい』と、本マンガ賞についての将来的な期待が語られた。

2015年2月 作品審査会

スライドショーには JavaScript が必要です。

審査員による作品審査会が開催。優秀な作品が数多く集まっていたこともあり選考は困難なものとなったが、無事大賞1作品・奨励賞5作品が決定した。
審査員は 里中満智子(審査員長)・犬木加奈子・倉田よしみ ・つだゆみ・山田ゴロ 以上5名のマンガ家。(敬称略)

2015年3月3日 受賞・推薦作品発表

スライドショーには JavaScript が必要です。

大日本印刷株式会社のコミュニケーションプラザ「ドットDNP」にて授賞式が開催。審査会にて選ばれた作品と、各雑誌の推薦作品、協賛社賞、そして”ちばてつや特別賞”が発表された。