【活動報告】デジタルマンガ キャンパス・マッチ2016

当デジタルマンガ協会では「デジタルマンガ キャンパス・マッチ 2016」への活動協力を行った。

「デジタルマンガ キャンパス・マッチ」は2014年度の初年度以降、今回で3回目の開催。マンガを学ぶ学生たちと、数多くの出版社やマンガを取り巻く企業との出会いのきっかけ作りを目的としている。

今回新たな取り組みとして「Be The HERO部門」を新設。障がい者スポーツ・マンガ普及プロジェクト「Be The HERO 2016」の一環として、障がい者スポーツ=パラスポーツをテーマにしたマンガ作品を募集した。
また、もう一つの新たな取り組みとして「優秀校」の表彰が行われた。キャンパス・マッチ全体を通してノミネート作品の多かった学校を顕彰し、優秀校旗が授与された。

当協会では初年度から引き続き五人のマンガ家が協力、応募作品全体の中から優れた作品の審査を行った。
また、今年度も開催に際して多くの出版社・雑誌編集部や協賛社が集まり、それぞれのイメージに合う若きマンガ家とのマッチングも行われた。

公式サイト:http://www.digital-manga.jp

2016年6月 キックオフ交流会

スライドショーには JavaScript が必要です。

東京・御茶ノ水 池坊東京会館にて2016年度の活動が始動。作品の募集がスタートする。
受賞者から念願の雑誌デビュー作家が誕生したこともアナウンスされ、今後のキャンパス・マッチの役割に期待が高まるものとなった。
当日の様子はこちら

2016年10月23日 海外マンガフェスタ2016

スライドショーには JavaScript が必要です。

国際展示場(東京ビッグサイト)で開催された「海外マンガフェスタ2016」(「コミティア118」と併設)にて、「Be The HERO 2016」プロジェクトをテーマにしたシンポジウムが開催。
講演では本マンガ賞についても触れられ、登壇者からは新設の「Be The HERO」部門への期待が語られた。

2017年1月 作品審査会

スライドショーには JavaScript が必要です。

審査員による作品審査会が開催。
議論を重ねた選考の末、デジタルマンガ大賞1作品・優秀賞2作品・奨励賞5作品が決定した。

審査員は初年度から変わらず 里中満智子(審査員長)・犬木加奈子・倉田よしみ ・つだゆみ・山田ゴロ 以上5名のマンガ家。(敬称略)

2016年2月12日 受賞・推薦作品表彰式/展示会

スライドショーには JavaScript が必要です。

国際展示場(東京ビッグサイト)で開催された大型同人誌即売会「コミティア119」内のステージにて、表彰式が行われた。

実行委員長の中村伊知哉教授、審査委員長の里中満智子会長はスケジュールの都合で出席が叶わなかったものの、審査員4名から先の審査会にて選ばれた作品をそれぞれ表彰。
その他各雑誌の推薦作品と協賛社賞の授与、そして”ちばてつや特別賞”をちばてつや先生が自ら発表・表彰された。

また、同会場内では表彰作品の展示会も実施。
控え室を利用しての親睦会も行われ、プロマンガ家・学生・編集部・企業とが広く交流できる貴重な場となった。

受賞作品の講評など、詳細はこちら

【活動報告】「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2016」始動

マンガを学ぶ学生たちと、数多くの出版社やマンガを取り巻く企業との出会いのきっかけ作りとなることを目的としたマンガ賞「デジタルマンガ キャンパス・マッチ 」
2016年度の開催を発表したキックオフ交流会が東京・御茶ノ水 池坊東京会館にて行われた。

本マンガ賞も今回で3回目を数え、他に例を見ない取り組みとしてその役割が表れてきたと言える。昨年度の受賞者からは念願の雑誌デビューが決定、今後の活躍が期待される。

当デジタルマンガ協会では、初年度から引き続いて5名のマンガ家が審査委員として協力し、優れた作品の選出を行う予定である。

キックオフ交流会の様子

スライドショーには JavaScript が必要です。

今年度の募集についての詳細は、下記のリンクをご覧ください。

「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2016」公式サイト

【活動報告】デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015

当デジタルマンガ協会では「デジタルマンガ キャンパス・マッチ 2015」への活動協力を行った。

dmcm2015_logo

「デジタルマンガ キャンパス・マッチ」は2014年度に引き続いて2回目の開催となる。
マンガを学ぶ学生たちと、数多くの出版社やマンガを取り巻く企業との出会いのきっかけ作りを目的としており、今回は対象を高校生・海外の専門学校生などにも広げている。

当協会では前回と同じく五人のマンガ家が協力、応募作品の中から優れた作品の審査を行った。
また、開催に際しては多くの出版社・雑誌編集部や協賛社が集まり、それぞれのイメージに合う若きマンガ家とのマッチングも行われた。

公式サイト:http://www.digital-manga.jp

2015年9月 キックオフパーティー

東京・神保町にて2015年度の活動が始動。作品の募集がスタートする。
当日の様子はこちら

2016年1月 作品審査会

スライドショーには JavaScript が必要です。

審査員による作品審査会が開催。
今回も優秀な作品が多く集まり、選考に際しては議論を重ねた。
この選考会にて、デジタルマンガ大賞1作品・優秀賞2作品・奨励賞10作品が決定した。
審査員は昨年度から引き続き 里中満智子(審査員長)・犬木加奈子・倉田よしみ ・つだゆみ・山田ゴロ 以上5名のマンガ家。(敬称略)

2016年2月10日 受賞・推薦作品発表

スライドショーには JavaScript が必要です。

協賛社のひとつである大日本印刷株式会社の「DNP五反田ビル」ホールにて授賞式が開催。
先の審査会にて選ばれた対象をはじめとした作品に加え、各雑誌の推薦作品、協賛社賞、そして”ちばてつや特別賞”が発表された。

里中満智子会長は、このマンガ賞の意義である”マンガ家を目指す若者”・”雑誌編集者”・”マンガを支える企業”の三者を結びつけるという本マンガ賞の目的について触れつつも、これらの形に限らず様々な出会いがマンガ家人生を左右するのだと述べ、可能性を秘めた若者にエールを贈った。

2016年2月11日〜14日 受賞作品展示会開催

東京・渋谷「モンキーギャラリー」にて受賞作品展示会を開催。
なお受賞作品は、「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015」のホームページにて公開中。ぜひご覧ください。

【活動報告】「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015」始動

マンガを学ぶ学生たちと、数多くの出版社やマンガを取り巻く企業との出会いのきっかけ作りとなることを目的としたマンガ賞「デジタルマンガ キャンパス・マッチ 」
2015年度の開催を発表したキックオフパーティーが東京・神保町にて行われた。

今年度の「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015」では、前年度と同じく大学・専門学校から作品を募集するのに加え、全国の高校ならびに、海外の学校からも作品を受け付けることとなった。

当デジタルマンガ協会では、前年度から引き続いて5名のマンガ家が審査委員として協力し、優れた作品の選出を行う予定である。
以下、懇親会の模様。

今年度の募集についての詳細は、下記のリンクをご覧ください。

「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015」公式サイト

【活動報告】デジタルマンガ キャンパス・マッチ 2014

マンガを学ぶ学生たちと、数多くの出版社やマンガを取り巻く企業との出会いのきっかけ作りとなるべく新設させれたマンガ賞「デジタルマンガ キャンパス・マッチ 2014」が開催された。

dmcm-logo

当デジタルマンガ協会では五人のマンガ家が協力、応募作品の中から優れた作品の審査を行った。
また、開催に際しては多くの出版社・雑誌編集部や協賛社が集まり、それぞれのイメージに合う若きマンガ家とのマッチングも行われた。

公式サイト(2015年度作品募集中):
 http://www.digital-manga.jp

2014年11月23日 「第3回 海外マンガフェスタ」

スライドショーには JavaScript が必要です。

コミティア110の会場内にて「第3回 海外マンガフェスタ」が開催。このイベントのトークライブでは、「デジタルマンガ キャンパス・マッチ」大会実行委員長である中村伊知哉教授、”ちばてつや特別賞”のちばてつや先生、審査員長の里中満智子先生が登場し、海外におけるマンガ事情を語り合った。
また里中先生からは『海外への日本マンガ普及のきっかけのひとつとして、「デジタルマンガ キャンパス・マッチ」が役立ってほしい』と、本マンガ賞についての将来的な期待が語られた。

2015年2月 作品審査会

スライドショーには JavaScript が必要です。

審査員による作品審査会が開催。優秀な作品が数多く集まっていたこともあり選考は困難なものとなったが、無事大賞1作品・奨励賞5作品が決定した。
審査員は 里中満智子(審査員長)・犬木加奈子・倉田よしみ ・つだゆみ・山田ゴロ 以上5名のマンガ家。(敬称略)

2015年3月3日 受賞・推薦作品発表

スライドショーには JavaScript が必要です。

大日本印刷株式会社のコミュニケーションプラザ「ドットDNP」にて授賞式が開催。審査会にて選ばれた作品と、各雑誌の推薦作品、協賛社賞、そして”ちばてつや特別賞”が発表された。